肋骨少女 〜 DEZERT 〜 Rokkotsu Shoujo | Lyrics

DEZERT ~ Lyrics

肋骨少女

Lyrics | 歌詞

貴女は隣の家のお兄さん
寂しいワタシの子宮を食べた
すごく痛いけど愛されることを初めて知りました
家に帰るとすぐにパパがわたしの身体を触る
それはやめてよ!だって本当に痛いんだもの!

肋骨をこじあける苦い音
ドリルさんの独壇場 ! 全身が痺れちゃうのっ!

あのね?わたしの真ん中のほうは空っぽだけ
どそれでも好きだと言って舐め尽くしてくれる貴方が好きだった
でもね、食べれる所が次第となくなってくると知らない人を連れてきてね
パパと同じことをしたの!

肋骨をこじあける鈍い音
ドリルさんの独壇場!全身が焼けちゃうの!

もうこれ以上の愛を絶やさないでと願った

戻れないね…軋む身体を引きづり向かうアナタの傍へ
無視しないで!醜いワタシを最後まで抱きしめて食べてね
肝臓さえも。腎臓さえも。膵臓さえも。心臓さえも!

(毎日毎日減っていくわたしのココロでつくった腸詁
見知らぬ人はそれを生ごみと一緒に炒めて売った
パパもおじさんもお兄ちゃんもそう人類全員まとめて
わたしの身体に閉じ込めて消えてしまえば楽なのに)

もうこれ以上の愛を絶やさないでと願った
残り少ないわたしを汚いからと、醜いからと捨てないで

ねえ…これ以上に苦しませて?腐り果てるまで
ねえ見つけだして?隠してみたのすごいのを!

肋骨の裏に!

戻れないね…軋む身体を引きづり向かうアナタのそばへ
無視しないで!醜いワタシを最後まで責任取って食べてね?
肝臓さえも!腎臓さえも!膵臓さえも!感情さえも
ワタシには要らないの最後に抱きしめてね?