「君の子宮を触る」 〜 DEZERT 〜 「Kimi no Shikyuu wo Sawaru」| Lyrics

DEZERT ~ Lyrics

「君の子宮を触る」

Lyrics | 歌詞

君の子宮を触る

うまく言えないけれど今はそっとしてて
なぞった優しい言葉はもうやめてほしいな

ねぇ嫌いな目を縫って
ねぇ嫌いな耳を削いで
ねぇ嫌いな顔を潰して
ねぇ嫌いな歌を歌って

うまく言えないけれど帰る場所はいらない
不安で死にそうな歌すらも今日は優しい

ねぇ嫌いな目を縫って
ねぇ嫌いな耳を削いで
ねぇ嫌いな顔を潰して
ねぇ嫌いな歌を歌って

落ちてゆく君を救うのは僕じゃないから
せめて過去にだけ触りたいな

願うは夜のままで 連れていって欲しいの
戻れない場所だとしても
身勝手な時代もいらない
違う未来に触れるなら
君の子宮を触る

うまく言えないけれど今は途方に暮れたい
なぞった優しい言葉すらも指で数えたの

ねぇ嫌いな目を縫って
ねぇ嫌いな耳を削いで
ねぇ嫌いな顔を潰して
ねぇ嫌いな歌を歌って

落ちてゆく君を救うのは僕じゃないのに
きっと過去にすら触れないの

願うは夜のままで 連れていって欲しいの
戻れない場所だとしても
身勝手な時代もいらない
違う未来に触れるなら
君の子宮を触る

できれば答えは出さないでよ
できれば灰のように消えてよ
近付いてはいけない夢じゃなく気づけない夢
願わくば夜のままで 君のすべてを壊したい