胃潰瘍とルソーの錯覚 〜 DEZERT 〜 Ikaiyou to Rousseau no Sakkaku | Lyrics

DEZERT ~ Lyrics

胃潰瘍とルソーの錯覚

Lyrics | 歌詞

【A】
マイナス3°Cのチルド室
君は真っ二つになり笑う
真っ暗な朝は右腕のジュース
苦しいお昼は右足のパスタ
おやつの時間は右目入りゼリー
シロップ代わりに血液も入れて
ほっとする夜は右肩のポワレ
眩しい深夜に右腕のスープ
スパイス代わりに髪の毛も入れて

「デキた。」

濁る未来 壊したくて
僕は「僕」と君とディナー
近い未来 映したくて
痛みだした胃に手をやりさする
【B】
きっと数日後には貴方は少年A
賞味期限付きの二人の「秘密」
初めてあった貴方に願った
できれば優しく殺してほしい
そして骨すらも残さずにこの世界から私を救ってください
あなたは真っ直ぐに私を見つめ
頷きそして優しく笑った
だからわたしも釣られて笑った

「デキた。」
襲う不安 押し殺して
最後の夜 キスをしよう
近い未来 壊したくて
鏡の中 知らぬ君を

「殺して。」
【A.B】
孤独を愛していた二人はもう夢の中へ
濁る未来 壊すように
罪が罪を溶かしてゆく
近い未来 映しだした
二人はもう鏡の中へと
「消えた。」